地上デジタル放送時代

わたしたちのお茶の間を楽しませてくれるテレビは現在過渡期を迎えているといえるかもしれません。
というのも、メディア媒体はテレビからインターネットに移行し、いつでもどこでも気軽に最新情報を入手できるインターネットの普及は、テレビにとっては大きな脅威といっても過言ではないのです。

日本国内におけるメインのテレビ放送は、地上アナログ放送が終了し地上デジタル放送へと完全移行しました。
地上デジタル放送は”次世代テレビ放送”として、国をあげて大々的にプロジェクトが発足されるほど、非常に大掛かりなものでした。
2011年7月までにはアナログ放送からデジタル放送への完全移行が終了、今は地上デジタル放送によってわたしたちはテレビを享受しています。

この電波の移行には大きな意味がありました。
国内で活用出来る電波周波数には限りがあり、日本では携帯電話や無線LANなどの普及によって周波数に空きがない状態が近づき、そのためアナログ周波数でのテレビデータ受信をデジタルへと移行することで、圧迫されている電波事情を解消することが迫られたのです。

さらに、インターネットの台頭によりテレビの存在が薄れつつあったものの、高齢者や小さい子どもなど、インターネットを活用しづらい層にはテレビが娯楽であり情報源であることにかわりありません。
そこで、テレビデータをデジタル化することでより迅速なデータ送信や、クオリティの高い画質や音質を提供、その他欲しい情報をすぐに閲覧できる仕組みや字幕放送といった多機能をテレビにも持たせて、次なる活路を見出そうとしたのです。


[Special Link]
地上デジタル放送が映る地デジアンテナ工事を依頼できるサイトです…地デジアンテナ工事